トップページ > 企業情報 > 会社沿革

会社沿革

当社の沿革をご覧いただけます。
1929(昭和 4年) 浜益村実田村にて土木建築業の許可を受け、岸本巌雄が個人営業を営む。
1932(昭和 7年) 製材工場を創業する。
当時の設備: 木炭ガスエンジン弓野式道材車付帯のこ盤、挽丸のこ盤
工場長を始めとする工員7名で始まる。
1956(昭和31年) 岸本産業株式会社設立。岸本全次が初代取締役社長に就任する。
資本金100万円。
1962(昭和37年) 資本金を100万円から400万円に増資する。
1963(昭和38年) 札幌支店と、浜益村柏木に三菱石油浜益給油所を開設する。
資本金を400万円から600万円に増資する。
1964(昭和39年) 毘砂別砕石工場・実田砕石工場を開設する。
1965(昭和40年) チップ工場を開設する。 
1969(昭和44年) 資本金を600万円から1,000万円に増資する。
1971(昭和46年) 石狩郡花畔に石狩営業所を開設する。
資本金を1,000万円から2,000万円に増資する。
1972(昭和47年) 浜益生コンクリート工場を開設する。日本工業規格「JIS」の認証を受ける。
1974(昭和49年) 車両修理工場を開設する。主な業務は各種重機自動車整備・修理、板金塗装など。
1976(昭和51年) 本社社屋を新築する。
1982(昭和57年) 札幌市中央区に岸本ビル落成、貸ビル業が始まる。
1990(平成2年) 浜益給油所、製材チップ工場、木工場を改築する。
1996(平成8年) 後継として岸本教範が代表取締役社長に就任する。
2007(平成19年) 製材・チップ事業を廃止する。
2015(平成27年) 本社所在地を変更する。札幌本社・石狩本店となる。