本文へスキップ
お問い合わせ / サイトマップ

林業についてforestry

トップ > 工事実績 > 林業について

工事概要

工事概要
主な発注先 石狩市森林組合
石狩森林管理署
作業内容 地拵え、植栽、下刈り、除伐、枝打ち、間伐、主伐、搬出・集材、玉切り・運搬
所有機械 ハーベスタ・プロセッサ[Valmet]
フェラバンチャー[マツモトシステムエンジニアリング]
グラップル[イワフジ]
フォワーダ[モロオカ]
トラックタイプトラクター[キャタピラー]

森林の整備・保全

 森林は、林産物の供給、水源涵養、山地災害の防止等の多面的機能の発揮を通じて、国民生活に恩恵をもたらしています。  我が国の森林は、その4割を占める人工林が資源として利用可能な時期を迎えつつある中、適切な森林施業を確実に実施しながら、資源としての持続的な利用と多様な森林の整備を推進していくことが求められています。

【森林の有する多面的機能】
  生物多様性保全・地球環境保全・土砂災害防止機能・土壌保全機能・水源涵養機能 快適環境形成機能・保健レクリエーション機能・文化機能・物質生産機能

【路網整備の推進】
 持続的な森林経営を実現するためには、森林の多面的機能を持続的に発揮していく基盤として、丈夫で簡易な道づくりを進めていく必要があります。  降雨の多い日本において、丈夫で簡易な道づくりを行なうためには、土構造を基本として地山を沿うように波形線形で計画し雨水を集めない構造とすることが必要です。盛土は地山に段切りを行ない、層ごとにしっかりと転圧を行うことで強固に作設するとともに切土や盛土法面は高さを極力低く抑え、伐開幅を抑えることによって、災害に強く森林へのアクセス機能を向上させることを目指します。

(※林野庁ホームページから抜粋)


写真


地拵え

植栽

間伐

玉切り

ハーベスタ・プロセッサ

フェラバンチャー

フォワーダ